日々の階段を昇る

日々のニュースに対して独自の見解を述べたいと思います。

ベッキー川谷絵音のライン内容をおさらいしておきたい。

こんにちわ。そしてこんばんわ。

 

 

ベッキー第2子妊娠おめでとう

ベッキーが第2子を妊娠という事で、芸能の速報に上がっていました。

今となっては過去の話、ということで、

ほとんどの人は思い出すこともないのかもしれませんが、

私はベッキーの過去の悪行(笑)をしっかり覚えています。

 

 

 

というわけで、しっかり掘り返していきますね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ベッキーが巨人の片岡選手と結婚が決まって、

事態が鎮静化していった感がありましたが、

その当時一大ムーブメントを引き起こしたのが

ゲス不倫です。

 

 

このゲス不倫という言葉が後の宮崎謙介のゲス不倫に繋がっていきます

 

あの元衆議院議員の宮崎謙介氏です。

彼、最近も不倫がばれていましたね。

 

 

 

これは所謂不倫の週刊誌暴露の先駆け的事件となりました。

 

 

 

と同時に世間が週刊文春の取材力に度肝を抜かれ、

かつ芸能界が震撼した件でもあります。

 

 

 

 

さて、私が何故このベッキーのゲス不倫騒動を

ベッキーを観ただけで思い出すかと言うと、

当時ばりばりアドセンスで記事にしていたからです。

(口に出さないだけで、潜在的ベッキーに嫌悪感を抱いている人は多そうですが)

 

 

 

何記事書いたか分からないほどベッキーネタを書いていました。

そういう意味では不謹慎ではありますが、当時はベッキーにかなりお世話になっていました。(経済的に。です)

 

 

 

というわけで、今回は当時かなりの反響を呼んだ

ベッキー川谷絵音のラインの内容に関しておさらいしておきたいと思います。

 

 

不快な方はそっ閉じしてくださいね。

 

 

ベッキー川谷絵音の不倫週刊文春に掲載される

 

時系列的には深くは考察する気はありませんが、

まず週刊文春ベッキー川谷絵音の不倫がスクープされます。

 

 

 

確かベッキーは独身でしたが、川谷絵音は結婚していたはずです。

なので不倫として報道されていたはずです。

 

 

 

そこでベッキーが所属事務所のサンミュージックで謝罪記者会見を開き、

「友達関係」という事を強調していたと思います。

 

 

 

週刊文春、伝説の時間差攻撃で明かされるライン内容

 

そして芸能界を震撼させる週刊文春の時間差攻撃というものが世に知れ渡ることになります。

 

今となっては当たり前の手法ですが、

週刊文春がターゲットが一度釈明会見をした後に、

言い逃れの出来ない状況を作ってから第2弾を投下するという

人の人生を破壊することも厭わないえぐい手法を使ってきました。

 

 

 

もう4、5年ほど前の話ですが、

ネットが十分発達している世の中ではあっという間に拡散してしまい、

ベッキーが嘘を付いているということがあっという間に世間に広がってしまいました。

 

 

 

しかもどうやって入手したのか、

暴露された内容はベッキー川谷絵音のラインの内容というえぐさ。

 

 

その内容がこちら↓

f:id:taroyamada19820721:20210314214842j:plain

※右側が川谷 左がベッキー

 

 

これがベッキー川谷絵音のラインの内容とされていますが、

真偽のほどは定かではありません。

 

 

これは本人達にしか知り得ない情報ですから。

もしこの内容が本物だとしたら考えられる可能性は・・・

 

 

 

本人が流出させた?意図的に?

関係者が画像をスクショした?カメラ撮影した?

無関係の第3者がハッキング行為?

そもそもこのやり取りは捏造??

 

 

 

 

 

これぐらいしか可能性はないわけです。

しかし週刊文春はこの情報を公に記事にしてしまっているので、

確かな情報筋なのは間違いないと思いたいところです。

 

 

 

 

 

突っ込みどころが満載ですが、

まず突っ込むなら不倫なのは間違いないというところ(笑)

 

 

「不倫じゃないです!略奪でもないです!」

不倫です。略奪です。

 

 

オフィシャルになるだけ!と発言している所から、

本人達はこのライン内容は公には出ない前提で書いている、

もしくはまさか週刊文春に掲載されるなんて露にも思わずといった所か。

 

 

決定的にベッキー川谷絵音の画策したラインではない証拠に

ベッキー「友達で押し通す予定!」と発言してます。

これは内部告発者がいるとみていいのではないでしょうか?

 

 

 

自分達で流出させたと仮定すると、

「逆に堂々とできるきっかけになるかも」とは発言しないと思います。

 

 

 

本当にベッキー、もしくは川谷絵音をよく思っていない人間が、

流出させたとみていいのではないか?

 

 

特に川谷絵音の周りの人間が怪しいと思います。

当時の奥さんが流出させたのでは?と疑惑も上がっていましたね。

 

 

 

 

その当時、ベッキーはお茶の間で好感度ランキングなどでも

トップレベルの人物でしたが、

 

この件以来好感度は地下100階まで落ちてしまいました。

そしてCM違約金など、転落人生を歩むことになります。

 

 

 

ここで第2子妊娠を発表するということは、

もはや禊はすんだということでしょうか?

 

 

 

ヤフーニュースのコメを読んでいる限りでは、

世間の人たちはまだまだ覚えているようです。

 

 

 

好感度が大事なテレビ業界、というイメージが明確になった一件

という昔の思い出が蘇りましたので、

今回記事にさせて頂きました!

 

 

掘り返す意図はございません!

 

 

というわけで今回は以上になります。

スポンサードリンク